産業医研修

健康と医療に関する情報のチェックポイント~エビデンスに基づく産業保健に向けて~アップデート

日時 2020.10.07 (水) 14:00~16:00
定員 40名
*ソーシャルディスタンスの確保の為、通常より人数を制限いたします。
*定員に達した場合はお断りの連絡をさせていただきますのでご了承ください。
*受講票等はございませんので当日お越しください。
参加費 無料
場所

京都府医師会館 2階会議室

(京都市中京区西ノ京東栂尾町6)【地図

※公共交通機関をご利用下さい。

概要  今日、健康や医療の情報は、メディア、インターネット、口コミなどさまざまな形で世の中に溢れています。しかし、何が正しいのか、何を信じたらよいのか、分からなくなっているのが現代人の共通の悩みとも言えます。情報に振り回されず、それを活用できる力はヘルスリテラシー、または健康情報リテラシーと呼ばれます。講演では、より良い産業保健の専門家にとって必要な情報のチェックポイントと、その手がかりとなる疫学やエビデンスについてのお話しをしたいと思います。
講師 京都大学大学院 医学研究科 副研究科長 社会健康医学系専攻 専攻長 健康情報学分野 教授 中山 健夫 氏
単位 生涯(専門)2単位
※単位申請中
※基礎研修の単位は取得できません。
※諸事情による遅参等があった場合、減単位になることがありますのでご注意下さい。
備考 ※受講定員に限りがありますので、申込み後キャンセルされる場合には必ずご連絡いただきますようお願い申し上げます。
※当日風邪の症状のある方はご参加を取りやめください。
※入室前の「手洗い」と受講時の「マスク着用」をお願いいたします。