産業医研修

典型的な問題事例と解説

日時 2020.10.01 (木) 14:00~16:00
定員 50名
*ソーシャルディスタンスの確保の為、通常より人数を制限いたします。
*定員に達した場合はお断りの連絡をさせていただきますのでご了承ください。
*受講票等はございませんので当日お越しください。
参加費 無料
場所

京都府医師会館 3階会議室

(京都市中京区西ノ京東栂尾町6)【地図

※公共交通機関をご利用下さい。

概要  高次脳機能障害と発達障害の事例を素材として、法的に求められる合理的配慮の内容、労災保険給付の申請への事業者の協力の要否、従業員の疾病り患情報の産業医への通知の必要性の有無、事業者が産業医を活用しなかった場合の法的リスク、自動車運転制限の要否、産業医の勧告が聞き入れられなかった場合に当該産業医に求められる対応、会社分割により承継会社に異動する障害者に対してそれまで分割会社で行われていた配慮を打ち切れるか、業務上のミスを理由とする賃金減額措置の可否、企業がアスペルガー症候群の労働者への対応を誤った場合の産業医の法的責任等について論じます(以上変更の可能性あり)。
講師 愛三西尾法律事務所 弁護士 井上 洋一 氏
単位 生涯(専門)2単位 
※単位申請中
※基礎研修の単位は取得できません。
※諸事情による遅参等があった場合、減単位になることがありますのでご注意下さい。
備考 ※受講定員に限りがありますので、申込み後キャンセルされる場合には必ずご連絡いただきますようお願い申し上げます。
※当日風邪の症状のある方はご参加を取りやめください。
※入室前の「手洗い」と受講時の「マスク着用」をお願いいたします。
 

定員に達したため、受付終了となりました