産業看護職研修

過労死等の防止対策 ~『できることから』どのように向き合っていくか

日時 2017.03.15 (水) 14:00~16:00
定員 66名
*定員に達した場合はお断りの連絡をさせていただきますのでご了承ください。
 受講票等はございませんので当日お越しください。
参加費 無料
場所

京都府医師会館 6階会議室  ※公共交通機関をご利用下さい (京都市中京区西ノ京東栂尾町6) 【地図

概要  現在、我が国においては、精神障害の労災認定が過去最高を記録するなど、長時間労働による健康障害の発症に加え、職場でのいじめ・いやがらせ(ハラスメント)による心の健康不調により働けなくなってしまう労働者が増加傾向にあります。
 そのような中、政府も「ニッポン一億総活躍プラン」を閣議決定し、年代・性別・立場の異なるすべての人が活躍できる職場に向けての「働き方改革」を、“最大のチャレンジ”として位置付け、取組みを進めています。
 人口減少により労働力不足が懸念される中にあって、特に仕事が原因となって労働者が健康に不調をきたし休業などに至ることはゆゆしき問題であり、「できることから」を基本に、「職場環境改善」や「働き方の改革」にどのように向き合っていくか、すべての人が活躍できる職場に向けての雇用保険法改正や男女雇用機会均等法改正などにも触れながら、考えていきます。
講師 京都産業保健総合支援センター 相談員   篠原 耕一
備考 ※受講定員に限りがありますので、申込み後キャンセルされる場合には必ずご連絡いただきますようお願い申し上げます

定員に達したため、受付終了となりました